7月のコラム「夏ならではの楽しい思い出を」 2021年07月05日

暑い夏がやってきました。
 保育園では、昨年から続くコロナ禍で「新しい生活様式」に基づき、「お子さまの幸せ」のために最
大限出来ることを考え、様々な経験を重ねられるよう保育者一丸となって取り組んでいます。日々の
お子さまの周囲の環境(人間関係や自然、音楽他)に対する興味や関心を大切に、お子さま自身が主
体性をもって活動ができるように、楽しく豊かな保育を行っています。
 7月に入り「わくわくsummerday☆」を行いました。
例年であれば、発達年齢に応じた活動として、5歳児は「高尾の森わくわくキャンプ」(宿泊行事)を
計画致しますが、感染予防の観点から昨年同様変更となり、終日行事として5歳児だけの「わくわく
summerday☆」を行うことになりました。お子さまにはサプライズの企画として実施することにし、
お家の方にも詳しい内容はお子さまに内緒にしていただくように事前にお願いしました。また、前日
には園長から『けいあいサマーリゾート』への招待の手紙をお子さまに送り、「わくわく」期待感をも
って参加できるようにしました。
 当日は雨模様でしたが、保育者の歓迎のダンスから始まり“ヨーヨー釣り”“スイカ割り”“くじ引き”
“パズル並べ”など屋台巡りをし”ハワイアンカフェ“で楽しくお食事、午後は“アフタヌーン・カフェ”
でのおやつの後、”アフタヌーン・マジックショー“等、盛りだくさんの一日を過ごしました。
スイカ割りでは「がんばれー」「もう少し」とお友達を応援し、パズル並べではお友達とのやり取り
をしながらグループ内で協力してチャレンジ、”くじ引き“では順番を譲り合うなど、お子さまの成長
した姿を見ることが出来ました。また傘を持たない保育者に「一緒に入る?」と傘を差しだしてくだ
さったお子さまの優しい心の育ちも感じられました。
私たち保育者もお子さまが楽しく過ごす様子を想像しながら準備をし、当日は自らが楽しむととも
に、お子さま達の生き生きとした姿が大きな喜びにもなりました。
お土産のヨーヨーや保育者手作りのランチョンマットを手に、お迎えにいらしたお家の方に「たの
しかった!」と話すお子さまの姿を見て、お友達とのかかわりの中で、様々なことに主体的に取り組
んだ一日を大切な思い出として、いつまでも心に残してほしいと願わずにはいられませんでした。
コロナウイルス感染症に関する終息はまだ先のことになりそうですが、この時だからこそ経験した
ことを糧に、保育園生活での楽しい思い出と共に、豊かな成長を願い「お子さまの幸せ」のために、
これからも安心安全を第一に心豊かな保育に努めてまいりたいと思います。
                                   敬愛保育園 園長

コラム一覧へ戻る