4月のコラム「新年度がスタート! 入園・進級が更なる成長のきっかけに」 2021年04月01日

穏やかな日差しのもと、園庭では木々がつぼみをふくらませ、色とりどりの春の花たちが愛らしく咲いています。

2021年4月、また新たな1年がスタート致しました。

新入園のお子さまにとっては、初めての場所での生活…。建物もお部屋も周りにいる人たちも、聞こえてくる声や音楽も、食べるお食事も、すべてが初めて。しかも、いつもそばにいた家族の姿も見えない中で、少なからず戸惑いを感じることでしょう。

 また、進級するお子さまたちも、4月1日になってお部屋が移り、昨日まで慣れ親しんだ担任の先生も変わるなどして、気持ちの高まりを感じながらも様々な変化を体験することになります。

 そんなお子さま一人ひとりの、それぞれ異なる気持ちや思いを、保育園の職員は優しく寄り添って受けとめます。担当するクラスであっても、別のクラスのお子さまであっても、目の前のお子さまと関わる一瞬一瞬を大切にして、心から向き合い優しく話しかけます。

そしていつしか、戸惑いは心地よさに、不安は楽しさやうれしさ、そして明日への期待に変わっていって…。「保育園という場所、そこにいる人たちは、自分にとって素晴らしい環境なんだ!」と感じられるようになることでしょう。

入園・進級は、お子さまにとって幼くして経験する「人生の節目」とも言えるものです。人生の様々な節目は、多くの場合、人間を大きく成長させるきっかけともなります。入園・進級が成長の大きなきっかけとなるように、わくわくする気持ち、そして揺れ動く気持ちに優しく心を配りながら、保育園での様々な経験・新たな出会いを通して、お子さまたちの心と体の成長を図ってまいります。

 今年度も、保育士、看護師、栄養士、調理師など職員全員が力を合わせて、どのお子さまにとっても、かけがえのない素晴らしい1年になるように、力を尽くしたいと思います。

 

敬愛ハーモニー保育園園長

コラム一覧へ戻る