職員の声

栄養士

Career&Profile

栄養士:E・Yさん 大学の食生活科学科を卒業後敬愛学園へ。栄養士資格の他、栄養教諭資格、中学・高校の家庭科の教員免許、フードスペシャリストの資格も取得し、本学園の栄養士として活躍中です! 保育園の栄養士の魅力を語っていただきました。 

保育園の栄養士になりたいと思ったきっかけは?

学生時代、子育て支援のボランティアや、保育園や幼稚園に行って食育を行うボランティアをしていて、お子さまと関わり合う楽しさや小さな頃からの食育体験の大切さを実感したので、保育園の栄養士として働くことを決めました。

学生の頃に学んだことはどんなところで役に立っていますか?

調理実習などはもちろんですが、ボランティアや食育を学んだことが、今に生きていると思います。
子育て支援のボランティアでは実際に保育園に行って、一生懸命準備した食育媒体を使っての活動をとても喜ばれ、嬉しかったです。また、近くの小学生と農家の方と稲を植えたり大豆を育てたりと地産地消の取り組みを経験しました。小学校の栄養教諭の先生のお手伝いもさせていただき、食育の世界観を広げることもできました。その情熱や技術などいろいろな思いをボランティアを通じて感じ、今もその思いを忘れずに取り組んでいきたいと思っています。

なぜ敬愛学園に?

敬愛学園は食育活動やクッキング活動が盛んで「楽しそう!」と感じたのが始まりです。施設見学をさせていただいた時、優しく丁寧に案内していただいたことが印象的で、調理室の見学の時も栄養士の先生がにこやかに対応してくださり、良い雰囲気の保育園だなと思いました。
保育園が8か所あったりと大きな組織なので、各園に職種問わず同期の先生がたくさんいそうなので安心して働けそうだなと思ったのと、研修制度も充実していそうだったので新卒として働くにはいろいろと学べるかなと思って。

ページのトップへ