職員の声

学童指導員

Career&Profile

学童指導員:Tさん
岡山県出身。都内の4年制大学/教育学部を卒業後、学童の指導員に魅了され入職。
現在、8つの学童の現場を束ねる、統括主任指導員としても活躍中!
意欲と情熱あふれるT先生が、学童保育所ならではの魅力を思う存分語っています! 

学童で働こうと思った理由は

もともと小学校の教員になりたいと思って大学の教育学部に進学したのですが、4年生の時に将来のためになるアルバイトを探していた時、友達の紹介で敬愛学園の学童保育所に巡り合いました。
それまで学童のことはほとんど知らなかったこともあり、自分の想像とは大きく違ってこんな素敵な仕事があるのか!とカルチャーショックを受けました。 その時から学童保育所の指導員に大きな魅力を感じて、〝学童の先生になりたい!″って強く思い、常勤の採用試験を受けることに決めました。

実際に就職してみて

思っていた通りのいい職場で、先生方みんなが優しくて、先輩にも恵まれています。保育園の先生にもこんなに支援して頂ける、こんな素敵な職場は無いと思います。普通の学童だと、常勤2人だけの小さい輪の中で仕事しがちなんですが、敬愛学園には8学童もあって、同期のメンバーや保育園のベテランの先生から色々な話が聞けます。
理事長先生をはじめ、保育園の先生も学童のみんなを認めてくれていて、とても充実しているなって、毎日感じています。

この仕事の魅力は?

一番の魅力は、お子さまたちと一緒に笑ったり泣いたりしながら、色々な思いを共に感じ合えるところです。一番好きなのは、一緒に遊んでいるあの瞬間です! この大家族の雰囲気を味わえるのは学童だからこそ。入ったばかりの時はお母さんにくっついて離れなかった子も3年生になったら「私班長やりたい!」って率先して立候補してくれる。3年間も続けてお子さまの成長が見れるので、大きなやりがいを感じます。
それと、大学4年の時に1ヶ月間小学校で実習し、とても楽しかったんですが、今振り返ってみると、生徒にとって教員は尊敬する存在であっても、自分のことを分かってくれる、相談したら聞いてくれるという存在とは遠いように感じました。学童指導員は、もっと身近で気軽に話せる近い存在。子どもたちが学校でこんなことがあった、今友達とこんなことしているとか気軽に話せて、聞いてくれて何か応えてくれるという存在になっているのではと思う。尊敬とはまた違う立場に居ることを感じます。

オフの時はどう過ごす?

車でドライブしながらショッピングしたり、ビデオ鑑賞したりします。最新のものを見ていないとお子さまとも話がすれ違ってしまうので。『○○見に行ったよ』って言われた時に、『知らない』って言いたくないので、情報収集めは怠らないようにしています。

ページのトップへ