職員の声

学童指導員

Career&Profile

学童指導員:Y・Tさん
私立大学福祉科に在学中、敬愛学園 新設学童保育所のオープニングスタッフとして短時間指導員として勤務され、現在は学童保育所主任指導員として元気に活躍されています!そんな生き生きと働くY・Tさんに『学童指導員を目指したきっかけ』等を聞いてみました。

学童指導員を目指したきっかけは?

もともと子どもに携わる仕事がしたいなぁと考えていて、大学の福祉科の中で児童養護の方へ進んで、児童指導員を目指して勉強していました。なので、ゼミもそういったところに入りました。勉強を進める中で、在学中に保育力とか、現場での対応力を磨きたいなぁと感じ、どこかないかなぁ…と探していたら、偶然妹が勧めてくれたのが、敬愛学園でした!そして、求人誌に掲載されていた先生方の写真がとても楽しそうだったので、応募しました♪

『やりがい』や『やっててよかったと思う瞬間』は?

とにかく働き出してすぐに「楽しい!」ってまず思いました。短時間指導員の時から、「この仕事を続けたい!」と思っていました。周りの先輩方も優しく、なにより、私の意見を保育や行事に取り入れてくれるところがとても嬉しかったです。また、お子さまとの関係を日々深めていくことも楽しみのひとつでした。
また、常勤指導員として採用していただいてからは、お子さまたちが短時間指導員の「時々いる先生」という接し方から、「毎日いるいつもの先生」という接し方にかわり、自分にしか見せない表情を見せてくれ、必要な時に求めてもらえる先生になれているなと感じるようになりました。「いつもお子さまの心の中にいる先生になれているんだな」と思えることが多くなり、いつしかそれが『やりがい』になっていきました。
主任指導員になってからは、いろいろな事を発信しています。短時間指導員から常勤指導員となった自分の経験や、この仕事についての楽しさを敬愛学園が運営する学童保育所に携わる色々な方たちに広めています。後輩の先生と保育への気持ちなど話していて「わかります!」と言ってもらえた時がとっても嬉しいです。
短時間指導員時代から、主任指導員となった今までずっと、幸せです!

保育園の先生方から学んだことは?

日々の施設運営において、学童保育所は常勤2名と短時間指導員数名で行っていきます。でも、保育園は規模も大きく、職員数も多いので、日々の情報の伝達等が難しいのではないかと感じていました。しかし、実際に保育研修で保育園に入らせて頂くと、しっかりと情報を伝達してるところがすごいなと感じました。また、常に皆さんが高みを目指しているので妥協しない姿勢や、意識の高さ、仕事の丁寧さ等からたくさんの刺激をいただいています。保育の現場で、先生方が一つ一つの行動にしっかり意味があることを伝えているのが、とても勉強になっています。
また、学童保育所を異動し、運営支援をしていただく保育園が変わったのですが、敬愛学園はどの施設、どの先生方も「ありがとう」と言葉にして伝え合っているところがすごいなと思いました。

ページのトップへ