保育のプロによる月刊コラム

保育のプロによる月刊コラム

2013年5月1日

5月のコラム 「敬愛クレヨン保育園建設基本コンセプト」


敬愛クレヨン保育園建設基本コンセプト

 

○八王子・散田の街に
   子どもたちの歓声がこだまする
       Kid‘s Gardenを創出したい。


○伝統と歴史を有する敬愛保育の本園に近く、
       姉妹園として可愛らしく存立したい。

 

○散田公園と東浅川交通公園の中間に位置する園。
             格好のお散歩コースには、
            
               中央線のオレンジ色電車も
               甲州街道のいちょう並木も
               浅川の清水のせせらぎも・・・・・

 

○パティオのある保育園
  
  パティオからの光と風のやさしさは
     生きる喜びを肌で感じるでしょう。
    そんな子らのほほえみは
       毎日を楽しく心地よいものにすることでしょう。

 

夏には白い花が咲き、
 晩秋に葉が落ちる山法師(やまぼうし)。
  

6mからなる株わかれ幹の高木。

 

 

玄関にいらした人たちを歓迎する中庭の木々たち。
  山法師、紅葉、伊予柑、三色花桃、

 

そしてお庭に敷いたヒノキチップは

         香わしいじゅうたんのように。

 

○子どもたちは、
   様々なそれぞれの色と動きを発している。

  一人一人を大切にする保育園は
    モノトーンの環境の中に
  子らの個性が
    そのまま表現されることを尊重する。

 

○一日の大半を過ごす「子どもたち」が
   共生する「周りの大人たち」が
          共に楽しく暮らし
      いつも幸せを感じられる保育園でありたい。

 

○ゆったりとした生活空間と保育時間は
     おおらかな心を育み
   伸びのびとした豊かな体験を享受することを望む。

   

 

○くつろぎとやすらぎに満ちた「もう一つの大きなお家」は
       思いやりのあるHomeSweetHomeであり
        その先にこそ、
           敬愛の保育理念と児童観が構築されている。

 

○建物が子どもの「品性」「人間性」を育むということ。
    「人が人として人となる」成長過程における住体験は
       個性を磨き、
その子の生涯教育の原点となろう。

 

    幼な児の クレヨンもつ手
          ふくよかに
       
        何をか思いて
             何をか描かん

                              上領 頼康

一覧に戻る

ページのトップへ