保育のプロによる月刊コラム

保育のプロによる月刊コラム

2013年3月4日

3月のコラム 敬愛学園9番目の保育園として開園した「敬愛ハーモニー保育園」

昨年 桜の花が咲くころ、45名のお子さまをお迎えして
          敬愛ハーモニー保育園の保育がスタート致しました。

     新設園ということで、お子さまも保護者の方も、
            初めてお会いする方ばかり。
  集団生活の経験がないお子さまも、たくさんいらっしゃいました。
         いろいろな気持ちや思いで入園されたことと思います。
     
そんなお子さまと保護者の皆様のことを思い、私たちは、
      「お子さまとご家族のことを全職員が大切に思い、
              気持ちや思いに優しく寄り添っていこう」
                      という思いで保育をしてきました。

 

 今では、54名のお子さまが元気に登園される保育園になりました。
お天気がよい日には園庭や公園で元気に外遊び。季節の自然や町の様子を感じ、
  ご近所の方たちと声をかけ合い、可愛い犬や猫とも出会います。

 

 先日は、〝ハーモニー・ウインターギャラリ-〟を開きました。
担任の先生がお子さまに寄り添って、一緒に楽しく取り組んだ制作。
    クラスの「はる」「なつ」「あき」「ふゆ」の写真。
     保護者の方に是非お伝えしたい、保健や食事のこと。
月曜から1週間の開催。平日なかなか来園できない方のために、土曜日まで続けました。

       

 

    このギャラリー…ただの展示会ではありません。
「人を敬い すべてのものを愛しむ」という敬愛学園の理念を源とした、
    お子さまや保護者への私たちの思いで満ちあふれた1週間となりました。

    

  

 

 1年間でこんなに大きくたくましくなって、
    毎日のお友だちとの関わりを通してこんなに心が成長して…。
そんな姿をお伝えしたいと、クラスの写真は、担任の先生が心をこめて選びました。
         写真1枚1枚には、お子さまたちの記録が、
  関わった先生方の優しいまなざしを通して、穏やかに写しだされていました。

     

 

    もうすぐ開園して1年となる、敬愛ハーモニー保育園。
             今日も、穏やかさと優しさに包まれています。

 

敬愛ハーモニー保育園  園長 栢原 武彦

    

一覧に戻る

ページのトップへ